1. TOP
  2. Infomation
  3. 新春のごあいさつ

Infomation

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2018年の年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は、当院への変わらぬご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

私どもは、「患者様の立場に立った医療を提供する、気さくで、家庭的な、明るい雰囲気の病院」を理念として安心・安全で良質な医療をより多くの患者様に提供することを心がけています。今年も急性期医療、予防医学を中心に地域密着型の医療を提供します。地域の医療機関として、救急救命センターや他の医療機関・介護施設と連携して365日24時間対応できる救急をモットーに、できるだけ多くの救急患者様を受け入れ、的確な医療を提供できるように努力してまいります。予防医学においては、経験ある専門医による最新の医療機械を用いた検診・人間ドックを安心して安全に受けて頂き、病気の早期発見・早期治療につなげて参ります。入院される患者様には、家庭的な雰囲気で安心して入院生活を送っていただけるように入院環境を整備してまいります。新鮮な食材を用いて季節感のある美味しいお食事を提供できるように努力しています。

ここ数年、急激な医療費の増大と急速に進む超高齢化社会に対して、病院の機能分化の促進及び在宅治療に向けての地域連携の強化が叫ばれています。今年の4月には診療報酬改定が行われますが、これらの更なる強化が行われると思われます。ここで重要なことは「医療は、患者様のためにある。」ということであり、医療の効率化のために患者様がないがしろにされてはいけません。医療の目的は、患者様の一日でも早い、社会復帰・職場復帰・スポーツ復帰をお手伝いすることです。患者様の医療に対する十分な満足と理解が得られた上で、スムーズに回復期病院・かかりつけ医への転院、在宅や介護への移行が行われなければなりません。

今年の干支は戌年です。犬は、社会性がありチームワークの良い動物です。クワヤ病院も、スタッフがチームワーク良く力を合わせて、皆様方に満足していただける質の高い医療を提供できる様に努力していく所存です。本年も、皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます

平成30年 元旦

医療法人社団雙和会クワヤ病院  副院長 石濱 琢央